読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ティファニーの価格!トルーマン・カポーティ

良かったですよ。なんと言っても村上春樹訳は新鮮だったとか。とても楽しみです!ティファニーブルーの表紙に惹かれて!思わず購入。

こちらです!

2017年03月08日 ランキング上位商品↑

ティファニー トルーマン・カポーティティファニーで朝食を [ トルーマン・カポーティ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

20年代のアメリカ!図書館の灯りや5番街!裁判所や!アパートの出窓。村上さんの訳も、これまでの翻訳より、ずっと良いですね。オシャレな芸術作品という印象です。。村上春樹さんが翻訳されていることもあり期待大でした。村上春樹さんの本を普段読まないというか少し避けていたところがありますが、こちらを読んで印象が変わりました。カポーティの違う顔が見れました。初めてこの作品を読んだ!ずっと昔から!常に私のNo.1の作品です。ねこちゃんも可愛いですね。オードリー好きの人に改めて原作を読んでもらおうと思い購入!気に入ってくれたようです。。新しい訳でどんなふうに感じ方が変わるか読むのが楽しみです。『ティファニーで朝食を』は!『キャッチャー・イン・ザ・ライ』ほどには!村上春樹訳のインパクトがないかもしれません。ちょっとプレゼントをしようと思っていた時に偶然見つけました。新しい翻訳になって!違和感なく読めて良かったです。映画は何度も見ているので!原作が読みたくなり購入。訳者解説に「できるなら映画のことは忘れて楽しんでくれ」と書かれていますが!やはりどうしてもオードリー・ヘップバーンの姿がチラつきます。映画とは別物として読みたいです。有名な作品で、でもまだ読んだことがなく、探しているとこちらで素敵な表紙の本を見つけたので購入。特に最後の終わり方は良いですね。この本!ティファニーのアクセサリーと一緒にプレゼントしたらお洒落かもしれないですね。村上春樹さんによる新訳とのことで購入。カバーも可愛いし、とても雰囲気のいい本です。ティファニーブルーに金の縁取り!中央に名無しの猫ちゃんの装幀もすごく可愛いくて飾っておきたいです♪この作品は初めて読みます。『花盛りの家』『ダイアモンドのギター』は、かなりよいです。好きな作品を村上春樹さん訳で読めるなんて、最高に幸せです。どうしてもオードリー・ヘプバーンを思い浮かべてしまいますが、敢えて想像から除外するよう意識して読んでみました。ダイスキな作品。原作を読み終えたあと映画を観ましたが、それぞれに違った良さがあり、すっかりファンになりました。オードリー・ヘップバーンの映画と主題歌ムーン・リヴァーであまりにも有名ですが、原作を読まれた方は少ないと思います。オススメさせていただきます。今は訪れる事も写真や動画で見ることが出来るニューヨークですが、当時の人が住んでいたNYの街の匂いを感じられる本です。猫が可愛いです。。ストーリーは映画とはかなり違っていて!私はこの原作の方が深みがあって好きです。違うものも読んでみたくなりました。ティファニーで朝食を 以外の短編も、心に残る作品です。ホリーの人柄も私は好きです。原作のほうがより理解しやすく物語も深みがあると思いました。カポーティーの素晴らしい文章を村上春樹さんの名訳で読める贅沢な本です。