ケルベロスが格安♪

読み比べるとやはり現在のほうが文章のテンポ良いですね。海堂尊先生の本はほぼすべて単行本で購入しています。なのでファンの方はぜひ読むべしです!!これで!田口&白鳥シリーズは終わりだそうです。

早速ご紹介!

2017年03月08日 ランキング上位商品↑

ケルベロスケルベロスの肖像 [ 海堂尊 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

フィナーレはどうなるかと思っていましたが、それにふさわしいラストだったと思います。色んな人が出すぎたせいで、白鳥さん濃度がうすい感じで田口×白鳥コンビでのファイナルとしてはちょっと弱いんじゃ?と思わずにいれません。まだまだこのシリーズが読みたいです。マラソンのときに買いました。とか、あまりにも無理があるだろ、とか思いましたが、それを差し引いても文章そのものが快楽的なので思わず読んでしまいます。今回出し惜しんだ分、スピンオフとかで白鳥さんがロジカルモンスターぶりを発揮する作品を書いてほしいです。前半はいまひとつかと思いましたが!後半は結構おもしろかったです。今までのキャストが次々に現れて!「あぁあの人!」とちょっとした同窓会気分。ただやっぱり完結編は早く読みたかったので文庫まで待てなかったです。これが最後?っていうのは、さみしいです。海堂作品は全部読んでます。これからの田口先生はどうなるのか・・・。海堂作品では白鳥さんが好きなのですが、このシリーズはこれが最後だそうで残念です。ちょっと無理やりねじこんでない?完結編だけど!スピンオフとしてなんか考えてます?という印象を受けましたがどうなんでしょう。ただ!謎がまだ残るので!それが解明されるのを待ちます。きちんと行政の監督を受けた新築物件がまさか・・・。この作品も相変わらずのテンポの良さで、仕事の合間を縫って、到着翌日に読了しました。面白いですが、なんか予想よりいまいちかとも。バチスタの華々しさから続編が出るごとに「う〜ん…」な仕上がりでしたが!この完結編もやっぱり「う!うう〜ん」な感じでした。海堂先生の本は好きで読んでいます。でも!最後?にふさわしいくらい!今までの登場人物が出てきて!今までの本も読み返してしまいました。今回の紫の表紙も素敵でした。ちょっと前の話を忘れている部分があったので!今螺鈿迷宮を読んでいます。海堂尊の作品はほとんど読んでいます。内容は海堂先生の色々な本に書かれている伏線が少し繋がってきたように思います。